BLOF理論

野菜の栄養価が、昔と今では大きく異なる 【有機農業を科学するBLOF理論について ②】

野菜の栄養価はどんどん低くなっている! 昔の4分の1しか栄養価がない野菜も。 この記事では、BLOF理論の研修会での考察です。「BLOF 理論という有機農業の技術研修に参加した内容」今の野菜の栄養価はどんどん低下しているそうです。 原因はいくつか考えられますが、今後の野菜作りのあり方について考えさせられました。その野菜を栽培し販売するものとして勉強になります。 おいしい野菜を食べていますか?おいし […]

土づくりの考え方、土は毎年の積み重ね【団粒構造】

団粒構造

土づくりは自分の畑で一番よく野菜が育つ場所を目標 「野菜をうまく作るにはどうしたらいいですか?」 と漠然とした質問に対して、ほとんどの指導者は漠然とこの言葉を使います。 「まず土づくりをしなさい。」 と指導者は言います。続けて「ふかふかの土。水はけのよくて、水持ちが良い土、それでいて肥沃な土」 理解できますか? 続けて、「物理性を改善しましょう。固相:液相:気相=50:25:25が理想です。」「土 […]

野菜は美味しければ、正義なのか?悩んでみました。【有機農業とBLOF理論】

日本の耕地面積に対して有機農業の取り組み割合(有機JAS)は、0.2%(1万ha)に過ぎないそうです。 実際、有機栽培を取り組んでみようと思って頑張ってやっては見るものも中々成果が上がらないそうです。 ところが、先日の新聞で、有機無農薬の米がお米の食味コンクールで優勝した。との新聞記事。有機農業で作られた野菜は、安全・安心である以上においしいという。 「虫食い、収量が上がらない。コストがかかる。高 […]

土づくり、有機質肥料の使い方【地力とは】

有機肥料は使い方が難しいから、徐々に変えていく。 土づくりをしてきたつもりが、土壌分析とほうれん草の野菜の健康診断から窒素が多すぎるとの残念な結果がありました。 肥料がなぜ多くなってしまったのか。有機栽培するのに注意点が見えてきました。 ココでは、有機質肥料を使って畑づくりをしていたのですが、肥料が多いとの分析結果から見えました。 この記事では、有機質肥料の特徴を踏まえ、その使い方を解説していきま […]