農業情報

たい肥の作り方【牛ふんたい肥】

たい肥とは 汚泥類・家畜ふん・食物収穫残差、林産副産物などの有機質資材は、農業にとって有効な資源です。しかし、そのまま使うことができません。 なぜならそのままでは、使えないし、かえって害になる事があります。 安全で安心して使えるように加工したもの それがたい肥です。 この記事では、牛ふんたい肥の作り方について紹介しています。たい肥のできる仕組みがわかることで、自家用のたい肥を作ることができます。 […]

たい肥とは【たい肥には、どんな種類と効果があるのでしょう】

たい肥を畑に入れています。けど、たい肥とはどういった効果があるのでしょうか。 たい肥の効果は、土をフカフカにする団粒化が進み、保肥性・排水性・保水性が高まり、微生物が活発になり、作物が育ちやすい環境になります。 一般的に教科書にはこのように書いてありますよね。 何となく土や野菜にとって良いのかなぁ~ そんな感じです。 しかし、大量に施したり、使い方を間違えたり、粗悪なたい肥を使うとかえって、畑にと […]

畑の肥料の種類と使い分け【基本的な単肥と有機質肥料を知る事が大事】

この記事では、主要な肥料の種類とその特徴を掲載しています。土壌改良、肥料分を調整して適切な施肥をしましょう。 畑の土の分析後、必要な肥料を補うための、単肥と有機質資材、アルカリ資材を使う時の参考になれば幸いです。 1成分のみを含む肥料は単体肥料(単肥)といいます。 これに対し窒素,リン,カリウムの肥料3要素のうち2成分以上を含有する肥料を総称して複合肥料になります。 一般的に使われている肥料は、窒 […]

マルチの使い方と種類や効果【野菜作りの環境を整えてあげましょう】

マルチは使い分けましょう。 マルチには、黒や白といった色や生分解性といった特性を備えたマルチ資材が開発されています。 プラスチックのフィルムといった資材が一般的で畝を覆うことを「マルチング」と言います。そして資材を「マルチ」と呼びます。 野菜栽培では、保温・保冷・肥料を流さない効果・雑草を抑える等を目的としたマルチは常識になってきました。 当然マルチをする。しない。では野菜の生育が当然ちがってきま […]

森の遊び場所【農村体験】

3月6日のことでした。雑木林を散策中に、杉の木の切り株の上にたぶん、ヤマアカガエルのタマゴ?があるのに気がつきました。 場所は、道沿いから少し入ったすぎ藪の斜面を50mくらい登ったところです。朽ちた杉の上に。ちょうど両手のひらにのるくらいの量がひとかたまり。小川まで10m位ありそう。 田んぼの水たまりにはよく見かけるのですが、林の中です。「オタマジャクシ」になってから小川迄どうやって行くのか、注目 […]

植物の呼吸、光合成の型とは【光合成の仕組み】

光合成なくしては、すべての生き物は存在しえない。 当たり前でまじめに話すのがちょっと恥ずかしいです(*´ω`*)しかし、野菜づくりしているのであれば、当然、知っていて当たり前。 今更~ですね。光合成でよくある質問。 植物は、酸素を出していますか?、酸素を吸っていますか?どちらでしょう。 光合成って言ってませんから、酸素を吸って呼吸しています。 微妙な判定ですけどね 光合成とは 光のエネルギーを利用 […]

野菜よ、甘くなれ!【家庭菜園】

2019.11.28 ほうれん草を収穫しようと思ったら、クタ~( ゚Д゚) じゃあキャベツ・人参を収穫するかな。 今日の気温。最高気温13℃ 最低気温-5℃ あかん!!「午前中、仕事無理や」 秋野菜は、寒さに当たってどんどん甘くなる。「寒絞めほうれん草」「寒絞めキャベツ」は、寒さに当たると植物は体が凍りつかないようにぎゅっと養分濃度を高めます。海水が凍らないのと同じ原理ですね。養分濃度が上がれば当 […]