菜園日記

1/2ページ

田舎の日常【山菜、ダリア】

近くの交流会館の横に咲いている八重桜はいつもと変わらず、5月のゴールデンウィークに咲きます。山桜もその頃には散り始め。 今年は個コ○ナの影響で自粛となり、世間はいつもと違う戸惑いや不安で早く収束することを祈るばかりです。 温かい陽気に誘われて、 畑にたぬきち君が何か探してしました。普段あまりいない。サルやタヌキが今年はいらっしゃいます。 ダリアの植えつけ 我が家では、恒例となったダリアの球根を昔の […]

冬の野菜は本当に甘いのか確かめてみました。だいこん・キャベツ【家庭菜園】

雪下野菜とか、雪中野菜とか最近、直売所で見かけるようになりましたね。 リンゴやキャベツなどわざと雪の下に貯蔵しておき、糖度をあげて出荷し提案す。これは寒さによって植物の細胞が凍結して枯れないように、体内養分の濃度をあげる仕組みを利用したものです。例えば、普通の水は0度で氷になりますが、塩水や砂糖水が0度になっても凍らないということと同じ原理ですね。しかし実際はどうなんでしょうか? 待ちに待った積雪 […]

雑草と付き合い方①先人たちの知恵 【家庭菜園 ハコベ】

肥料のはかり方について前回お話しました。その中で草というものが貴重な肥料としての資源として、農産物の生産に使われていました。今は大変便利になって、とても運びやすく撒きやすくなっています。ですが環境破壊となっている現状を知り、もっと上手に使わないといけないと思っています。 って思ってますが、現実は”(-“”-)” 雑草との付き合い方 簡単に解説します。 […]

新年、明けましておめでとうございます。【穏やかな冬の風景⁉】

新年、明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。 新年を迎え、ブログを頑張って、続けていきたいと思っています。 Sabimariは野菜を中心に作っています。作ったその野菜は町の直売所と加工場との契約出荷でほぼ全量販売しています。青果市場やJA出荷は以前はしていましたが、今は直売所のみです。また、畑だけでなく、水田で米や大豆なんかも作っていますし、自社の加工施設や直売所がありますの […]

野菜作りのまとめ① 旬を見極めて手を抜こう。【家庭菜園 初心者】

おさえておくべきポイントはココ! 植物には決まった規則があります。つまり「手をかけてあげる所、手をぬく所」そのポイントを押さえていれば、悩むことは有りません。 経験と勘と呼ばれているものです 農家は常に手間暇をかけているわけではありません、他にもしないとイケないこと沢山あるかとおもいます。自然だっていつも同じではありません。 だから農家はそんな事話してくれませんよね。だって学者さんではありませんし […]

JGAPを分かり易く解説【JGAP認証しました】

GAPとは、簡単に分かり易く解説します。 GAPは、食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる世界基準の認証です。ASIAGAP、JGAPは一般財団法人日本GAP協会が策定した日本発のGAP認証です。これにより、GAPを実施していることが客観的に証明されます。その中でJGAPは、農場や等の生産者団体が活用する農場・団体管理の基準であり、認証制度です。農林水産省が導入を推奨する農業生産工程管理の方 […]

農業の近い未来 分かり易く解説【北陸ブロックスマート農業サミット】

北陸ブロックスマート農業サミット スマート農業とは、ロボットや通信技術(ICT)を使って、省力化・精密化を実現する新たな農業の事で、実際使ってなくても、知らないうちに情報が蓄積されているんですよ。その勉強会に農家の方々と参加しました。(今回はお米の話となってますので、菜園とは無関係です。でも農業を知って損はなし) その他にも、農業新技術マッチングミーティングもあり、盛沢山の内容です。その時、商談中 […]

野菜よ、甘くなれ!【家庭菜園】

2019.11.28 ほうれん草を収穫しようと思ったら、クタ~( ゚Д゚) じゃあキャベツ・人参を収穫するかな。 今日の気温。最高気温13℃ 最低気温-5℃ あかん!!「午前中、仕事無理や」 秋野菜は、寒さに当たってどんどん甘くなる。「寒絞めほうれん草」「寒絞めキャベツ」は、寒さに当たると植物は体が凍りつかないようにぎゅっと養分濃度を高めます。海水が凍らないのと同じ原理ですね。養分濃度が上がれば当 […]