じゃがいもの作り方 動画あり【家庭菜園のコツ】

じゃがいもの作り方 動画あり【家庭菜園のコツ】

ジャガイモは、準備とちょっとしたポイントだけ。

年中栽培していると、どこが最初かわからなくなりますが、私の住んでいる所は雪国です。なので4月初旬にならないと畑に入れません。それまで畑に行きたい気持ちを抑え準備しています。今年一番最初に準備するのかといえば、まずジャガイモですね。

ジャガイモの原産はアンデス山脈のチリです。そうです。海抜4000m級の高地で涼しい気候を好みます。そう考えると日本で北海道が大産地です。春に植えつけて秋に取れる期間もたっぷりとれるからまさに適地です。その他は春か秋の涼しい期間だけ植える。適温が20~25℃、夜温7~10℃も納得いきますね。日本ではスーパーで新シャガ入荷!!は九州産から始まり、本州、秋の時期は北海道産、そしてまた九州とうまく日本では年中使うことができます。

今、ジャガイモの品種が沢山あるので、どれにしようか迷います。昔はホクホクの男爵。煮物で煮崩れしないメークインって2種類しかなかったのにね。キタアカリ、とうや、農林1号、アンデス、パープル系、レッドムーン、インカのめざめなんて品種。実は品種はもともと沢山有りました。それを今、ポテト用とかコロッケ用とか、色を付けたいとか需要に応じたものが選べれるようになってきたんですね。

ペルーの人々の知恵

実はジャガイモは本来沢山の種類があったんです。大小、各色、味も食味も様々です。原産地のペルーの写真を見るとわかると思いますが、チリの人々にとってシャガイモはとても重要な食料なんです。ですから、毎年絶対必要なものです。農業は自然相手です。天候に左右され、取れなかったりすることが無いように知恵を使いました。それが品種の多様化です。

例えば「病気、Aの病気には強いけど、Bの病気に弱いじゃがいも。Bの病気に強いけど、Aの病気には強いじゃがいも」「cは沢山なるけど小さいじゃがいも、Dは少ないけど大きなジャガイモ」といった感じで、個性のあるジャガイモをごちゃ混ぜで作っている写真を見たことがあります。これらを作っておけば、じゃがいもの病気や天候でやられてしますかもしれないが、全滅するリスクが減ります。つまり、ジャガイモは種イモで増殖する特徴をうまく使って、各地にあるジャガイモをみんなで交換しながらずっと今まで育ててきたんです。

日本でも種苗交換会があったそうですよ。今も少しあるのかな。在来種をみんなで持ち寄って交換会。これからは種苗法がどうなるかわかりませんが、とても重要なことです。

品種「男爵」は明治維新を迎えてから北海道開拓使が開設され、明治14年に川田龍吉男爵が導入したのがその名の由来です。ゴショウいもといわれ「一株から5升」イモが採れたそうですよ。昔の北海道はとっても相応しい適地だったんですね。 残念ながら私には5升取れません。(*_*)

シャガイモの特徴

ジャガイモは種イモから育ちます。しゃがいもは塊茎で茎が肥大したものです。それを畑に植えることで、くぼんだ穴から芽と根が出てきます。地下茎です。根と地上部との間を結ぶひもみたいな茎(葡萄枝・ストロンとよびます)の先に、ジャガイモができます。シャガイモの種イモを見ると、ひものようなものがついているのがわかりますね。それがストロンと言います。ストロンの先端が肥大したものがジャガイモって事。つまり、ストロンを十分に伸ばせるように作ることができれば、ジャガイモの達人です。

浴光催芽(育芽)

読んで字のごとく軒下や窓際の日当たりが良い日光にあて、発芽させます。シャガイモを並べて干す感じです。そうすると出芽も早まりそろいが良くなることでこのような処理を行います。。1週間程度で、シャガイモのくぼみから濃紫がかった芽と黒い根のようなものが出てきます。このような状態にします。

 

注意、種イモを長期間段ボールに入れておいて、「もやしのような白い萌芽10cm位が出たことありませんか? 開けてびっくり(笑)、あれを大事に植える方いますが、あれはもう手遅れです。芽として使えないです。なので、取って次の萌芽が出るのを待ちましょう。種イモが届いたら段ボール開けて中を確認してくださいね。

切り方と植えつけ

・ストロンをめがけて「縦割り半分」が楽ちんで、均等に萌芽が分かれます。サイズはMサイズを1/2カット。1つ40gあれば十分です。

・それを乾燥させてから植えますが、灰などは付けません。天気の良い日なら2時間程度乾かすぐらいです。長く乾燥してしまうとかえって、種イモの水分が飛んだり、カビが入って腐ったりします。表面が軽く乾いた程度が一番良いと思います。

・植えつけ深さは5~8㎝のやや深植えです。株間は30㎝程度。切り口を地面にね。

土寄せと芽かき

管理機で土かけしますので、70㎝は条間を取っています。後2回は土をかけてあげたいです。

芽かきですが、私はできるなら2~3本を進めています。大きなジャガイモを作りたいと思っています。芽かきをしないと沢山ジャガイモが採れるのですが大きくありません。逆に芽かきすると大きくなりますが、数が採れません。結局のところ小さいイモはどうしてもできるので、大きく作った方が得策だと思います。

一株につくストロンの数が決まっているので、必然にイモの個数も決まってきます。なので収量に影響するのは、北海道のような気候と、土寄せ量、肥料になります。

じゃがいもがうまく作れない方のありがちなパターン

・石灰を畑に真っ白になる位、まいたことがある。phが異常。

・種イモは「自家採取」である。 病気の可能性がある。種イモを買いましょう。

・シャガイモの葉が多い茂っている。窒素のやりすぎ、カリ不足。

 

シャガイは土地を選びませんが、phも調整の必要が無いです。日本の土にあってます。できるなら排水性の良い軽い土が良いです。

その他ポイント

・じゃがいもの花はとっても取らなくてもどちらでもいいです。どちらかといえば取った方が正解です。

・種イモは信頼あるところでです。芽が出ないときも。

・ジャガイモの貯蔵は、日光の当たらない涼しい所にほかんしてください。光に当たると青いもになってしまいます。毒です。