肥料の種類と特徴【単肥と有機質肥料】

肥料の種類と特徴【単肥と有機質肥料】

この記事では、主要な肥料の種類とその特徴を掲載しています。土壌改良、肥料分を調整して適切な施肥をしましょう。

畑の土の分析後、必要な肥料を補うための、単肥と有機質資材、アルカリ資材を使う時の参考になれば幸いです。

1成分のみを含む肥料は単体肥料(単肥)といいます。

これに対し窒素,リン,カリウムの肥料3要素のうち2成分以上を含有する肥料を総称して複合肥料になります。

一般的に使われている肥料は、窒素、リン酸、カリの「植物の3要素」が含まれていますから、複合肥料です。

 

肥料に関する記事、肥料の計算方法【肥料の3要素と肥料の選び方】に具体的な使い方を掲載しています。

 

肥料の計り方の記事、肥料の量の簡単な計り方【道具は使いません】はおススメです。

単肥の主な種類と特徴

硫酸アンモニア(硫安)

現在では、回収硫酸アンモニアと副生硫酸アンモニアが硫酸の大半を占めています。回収アンモニアは、ナイロンの原料であるカプロラクタムから回収されたものと、アクリルアミドからの回収硫酸アンモニア、さらには金属の精錬の際に回収するものがあります。

工業で使用したものを回収したものです。副生硫酸アンモニアは、コークス・都市ガスなどの製造において石炭を乾留する際に発生するアンモニアガスを硫酸で捕集したものです。

  • 成分:窒素21%
  • 特徴:速効性。土を酸性化。吸湿性が小さい。元肥・追肥どちらとも

尿素

二酸化炭素とアンモニアからの直接合成による方法があります。

尿素は温度20℃を超えると吸湿性が増し30℃を超えると非常に高まる性質がある開封後は早めに使うことをおススメします。

尿素の特徴として、窒素が植物の葉面から比較的吸収されやすいこと。葉面吸収では大半が吸収され薬害を生じやすいです。

野菜・果樹で0.5%、ジャガイモ、麦で2%で害がないと言われます。

  • 成分:窒素46%
  • 特徴:速効性。葉面散布も可能。吸湿性が強い。元肥・追肥どちらとも

石灰窒素

石灰窒素の原料はカーバイトと窒素でありカーバイトは生石灰とコークスを加熱して作られ、石灰窒素は土に施すと、まずシアナミドを遊離しジシアンアミドに変化し、土壌コロイドの接触により尿素を生成します。

この反応は常温で2週間で進行し、さらに多量の石灰を含んでいるので酸性矯正力が強いです。

  • 成分:窒素21% アルカリ分55%
  • 特徴:やや緩効性。殺菌。除草効果あり。有毒。

過リン酸石灰

過リン酸石灰は世界で最初に作られた肥料です。製造方法や設備が安価で世界中に普及しました。

粉砕されたリン鉱石を濃硫酸で分解し反応生成物を室に入れて凝固させる。この時フッ化水素と水分が揮発し多孔質となります。

リン酸含有量は20%その内85%は水溶性なので即効性があって早い。

  • 成分:リン酸20%
  • 特徴:速効性。土に吸着される。

溶製燐肥(溶リン)

溶成苦土リン肥の略。リン鉱石を溶融させ、植物が吸収できる形態にしたもの。

肥効は、水溶性でない為やや遅れるが、リン酸固定による無効化が起こりにくい。酸性土壌の矯正やマグネシウムの補給する効果があります。

  • 成分:リン酸20%  苦土15% アルカリ分50%
  • 特徴:緩効性:土壌改良に適する。

苦土重焼燐

  • 成分:リン酸35% 苦土4.5%
  • 特徴:肥効が持続する。苦土を含む。

硫酸加里

  • 成分:加里50%
  • 特徴:速効性。土を酸性化。吸湿性が小さい。

塩化カリ

主なものはシルビナイトであり、これを浮遊選鉱または再結晶によって塩化ナトリウム、粘土などの浮遊物と分離する。

塩化物を好む野菜として、にんじん、玉ねぎ、キャベツ、アスパラガスその他繊維植物では塩化カリが良いとされている。

タバコ、イチゴ、レタス、ジャガイモは硫酸カリを好みます。

  • 成分:加里60%
  • 特徴:速効性。土を酸性化。吸湿性が大きい。

苦土石灰

  • 成分:苦土15% アルカリ分55%
  • 特徴:土の酸性化を直す

硫酸マグネシュウム

マグネシウムのみを主成分とする肥料で、製塩の際に得られる苦汁(食塩を分離した残液)をー10℃に冷却すると析出する。それを精製して作られています。

水溶性なので葉面散布にも使えます。

  • 成分:苦土25% マグネシュウム15~25%
  • 特徴:速効性。中性

有機質肥料とは

有機肥料は動植物体に由来する物料です。それは、土の中で分解によって養分が放出され、この過程で多数の土壌微生物のエネルギー源となって、さらに土壌の団粒の形成に関与するなど多機能性肥料の事です。

有機肥料は、微生物に分解された無機質及び、アミノ酸が植物に吸収されます。

その為、分解過程が穏やかで肥料の効果がゆっくりと進みます。

有機肥料の種類は多い。公定規格での普通肥料として有機質肥料は40種類あります。

有機肥料は、カリ(k)の成分が入っているものが非常に少ない。

有機肥料は、肥料の主成分の最小量が定められたもの、例えば窒素では植物油粕2~12%の範囲です。

それ以下については特殊肥料になります。

窒素含有量は動物質の方が植物質より高く、リン酸含有量は、骨粉で多いです。カリは一般的に少ないです。

油粕【植物由来の肥料】

油粕は脂肪にとんだ植物種子から油分を絞ったものの残さを粉砕したもの。

有機肥料として使われているの葉、なたね油粕が最も多く、ついで大豆油粕、とうもろこし粕、落花生粕、米ぬかと並びます。

これらの油粕には食料や飼料として利用されそれらに優先されているので肥料の変動が大きいです。

分解速度は大豆油粕が早く、なたね油粕が遅い

品目 窒素(N)% リン酸(P)% 加里(K)%
ダイズ油粕 7~8 1.7~1.9 2.2~2.4
なたね油粕 3.8~6.7 1.3~3.4 0.8~1.6
綿実油粕 5.0~7.2 1.6~3.4 1.7

魚肥

魚肥は生魚や魚加工工場の製造残さを煮沸、脱水、脱脂した後に乾燥、粉砕したものです。

窒素含有量が高く9~10%、油粕と共に野菜栽培で多く使われます。

品目 窒素(N)% リン酸(P)% 加里(K)%
イワシしめかす 6.9~9.3 3.7~8.3 0
乾雑魚 5.1~11.7 2.9~14.8 0

グアノ

品目 窒素(N)% リン酸(P)% 加里(K)%
グアノ 1 8 1
バットグアノ 0.5〜2

 

グアノは有機質肥料に属しているが、リン酸質グアノは窒素成分をほとんど含まないので特殊肥料として指定されています。

グアノは、海鳥グアナイシロハラウミウの現地名「グアナイ」からきています。また一説には、スペイン語のファノすなわち糞からきているとも言います。

いずれにしても熱帯の海岸線や島にすむ海鳥の糞がたいせきしたものです。乾燥地帯の為分解されず乾燥し、窒素に富んでいます。

近縁のモノに「バットグアノ」があります。これはコウモリの糞です。洞窟の中で、風雨にさらされず退席したものです。

副産物有機質肥料・その他

食品、繊維、ゼラチン、皮など工業から副産物として出る動物質の廃棄物に由来する肥料、あるいは醤油、アミノ酸、核酸、アルコールなどの発酵食品の副産物です。

この他に、微生物工業から得られる菌体やこれらの特定物質を抽出したかすを乾燥したものです。

品目 窒素(N)% リン酸(P)% 加里(K)%
発酵鶏糞 3〜4 5〜6 2〜3
肉かす 4.8~12.0 0.3~6.5 0
蒸製骨粉 2.8~5.3 18.3~27.1 0
米ぬか 2〜2.6 4〜6 1〜1.2
蒸整皮革粉 5.6~12.7 0 0
乾燥菌体肥料 2.1~9.6 0.4~6.6 0.3~10.7

土壌改良材

貝化石粉末・貝殻粉末

 

貝類などが堆積層が海底の隆起で陸地化し、長い年月を経て化石層を形成したものです。

この層を採掘、粉砕、ふるい分けしたものです。

主成分は炭酸カルシュウムでアルカリ分は40~45%と高いものが多い。

粒状化したものはアルカリ分35%を保証したものは普通肥料、その他のものは特殊肥料です。

砕石の状態でアルカリ分の低いものがあるのでちゅいが必要です。

一般的に純度が高いものは白色に近く、土砂などが入ると褐色実を帯びます。

牛糞、トン糞、鶏糞などのたい肥化に貝化石を添加すると水分調整、PH維持に役立ち、たい肥化を促進します。

貝殻は貝が分泌するカルシュム・タンパクが結合体が海中の二酸化炭素に触れて生成した炭酸カルシュウムと、硬たんぱく質で構成されています。

その為、アルカリ分と有機体の窒素を含んでいます。

カキ殻は、粉砕され1.7㎜のふるいに全部通り、0.6㎜の目に85%以上通過したものが、普通肥料となります。有機体窒素、マンガン、ホウ素なども含んでいます。