かぼちゃ

かぼちゃの育て方・貯蔵【記事のまとめ】

初心者は、かぼちゃ栽培を始めましょう。【画像で見る南瓜の育て方】 初心者向けの記事 野菜栽培を初めてしようと思った時、まずは簡単なものから始めたら如何でしょう。 確かに自分で食べたい野菜が他にもあるかもしれません。ただ、野菜がちゃんと取れなければ楽しくありません。 そんな中、かぼちゃ栽培をまずおススメします。その理由は かぼちゃは圧倒的に、作り易い野菜です。病気や害虫の心配も他の野菜より少ないです […]

かぼちゃの育て方【かぼちゃの受粉には葉の枚数が大切な理由とは】

かぼちゃの果実を作るのに葉の数は何枚必要なのでしょうか? 考えてみたことありますか? かぼちゃが育つために必要な葉の数。かぼちゃが実を成らすための受粉。 ↑の画像は「ロロン」タキイ種苗です。この品種はラクビーボールの形をしてちょっと変わった形です。 大型で皮が固いので、日持ちしやすく、肉質は極紛質です。 とくに特徴ある品種を栽培する時は、できるだけ大きさや形のばらつきをなくしたいものです。 そうな […]

かぼちゃの育て方 【収穫のタイミング・かぼちゃを貯蔵する場所】

かぼちゃを収穫するタイミングって難しいですよね。畑に長く置きすぎると日焼けして、いつの間にか腐っている。 貯蔵がきくって書いてあったのに。いつの間にか腐ってる。 かぼちゃの収穫のタイミングと貯蔵のお話をします。 後、かぼちゃには最後の仕上げ作業が残っています。かぼちゃを販売する方がする作業なんですけど、知っておいて損はありません。 かぼちゃの「磨き」と「キュアリング」です。 ココでは、かぼちゃの収 […]

かぼちゃの育て方。【かぼちゃの伸びてきたツルは芯を止めるの?】

カボチャ栽培の芯止め・摘心 かぼちゃを育てて、の芯を止めてみたは、いいものの。(*_*) かぼちゃを育てる場合、苗を植えてしばらく生長させ、「芯止め」という作業をします。 また、かぼちゃの果実が成って葉を数枚残して、「ツルの先を止めます」なぜこのような作業をするのでしょう。 その理由は、かぼちゃを充実した果実にするためです。 かぼちゃの芯止めとは 芯止め・摘芯とも言います。先端を切って生長を止める […]

煮物に合うかぼちゃ【美味しい野菜が食べたい】

母「今日は煮物にしようかしら?天ぷらもいいわね」 「ホクホクしたかぼちゃ。温かい薄味がいいわね。どれにしようかしら?」 「1個じゃおおいわね。かぼちゃ1/2で十分。」 かぼちゃはどれも同じでしょ! そう、思っていいる方は、さっそくご覧ください。 品種は、これに決めた「2019」 2019年、栽培する品種は中々出回らない珍しい品種を決めました。 それが、こちらです。同じかぼちゃ?!と思うほど見た目が […]

かぼちゃ栽培マニュアル

  今年も捨てたかぼちゃの跡からかぼちゃが生えてきました。 かぼちゃはタフ。 この記事では、かぼちゃの育て方について、初心者にもわかりやすいように解説しています。 かぼちゃを買ってきたタネを、外の畑に捨てて置いたら、春先芽が出てくるほど育ちやすいのです。 野菜くずを積んでたい肥化するのにかぼちゃのタネが混ざっていたんでしょう。発酵するときに出る熱が高温になります。大体70度前後で1週間で […]

日持ちの実験 【かぼちゃの品種】

「実際作ってみてどうなの? かぼちゃ2019」 かぼちゃをできるだけ長く食べたいのですが、どれだけ貯蔵できますか? 品質はおちるのですが?腐らないの? そんな疑問にお答えすべく、実験してみました。 エントリー品種です。メーカー説明は以下の通りです。じゃあ実際はどうでしょう?! 日持ち実験してみました。 内容 8月上旬に収穫したものを使用 常温で「キュアリング」2週間。 その後冷蔵庫温度12℃に設定 […]

初心者は、かぼちゃ栽培を始めましょう。【画像で見る南瓜の育て方】

このブログは野菜に関する記事を掲載しています。この記事では、初心者が野菜を作るのにもっと適した野菜「かぼちゃ」の育て方を掲載しています。 なぜ初心者にかぼちゃ栽培が良いのか。そのポイントを解説しています。 かぼちゃ栽培のプロ農家となればそれ以上の技術が必要となってきます。特に大きさや形でです。また栽培によって各手法があります。 その1つを かぼちゃの育て方。つるを何本に仕立てますか、受粉から見た栽 […]