初心者向きは、かぼちゃ栽培から【画像で見る南瓜の育て方】

初心者向きは、かぼちゃ栽培から【画像で見る南瓜の育て方】

もっと色んなかぼちゃ品種作ってみたい。簡単に栽培できる南瓜栽培のポイントをお話します。

かぼちゃ栽培農家となれば以前、記事にしました通り商品としての技術が必要となってきます。特に大きさや形でです。また栽培によって各手法があります。そこは かぼちゃの育て方。つるを何本に仕立てますか、受粉から見た栽培技術【葉は何枚必要なの。】をご覧ください。

さて、かぼちゃは野菜の中でも手間が全くかからない超初心者向けの品目です。誰でも作れますが美味しいかぼちゃを食べたいですよね。

なぜ、かぼちゃ栽培は初心者向けなのか。

かぼちゃは圧倒的に、生育が強い野菜。

まずは上↑の画像をご覧ください。

(;^ω^)ははは 野菜どこにあるでしょうか?上の方に葉を広げているのが、捨てた南瓜から芽が出てきて苗になってます。ほっといてもかぼちゃができます。かぼちゃ数も農家さんと変わりません。

ね、

簡単に作れるような気がしませんか?このような光景はよく見ます。雑草より高い位置に大きな葉を広げ強いなあって感じます。ただし、たま~に、スイカやキュウリ台木用の食用にはならないかぼちゃが成ってガッカリした覚えがありました。このかぼちゃは病気に強くて、非常に生育が旺盛で、かぼちゃも良くなります。

けど激マズです。要注意 笑

「土手かぼちゃ」「おたんこなす」ってことば聞いたことありませんか?あまりいい意味でつかわれていませんがね。

土手かぼちゃの由来は、昔の貧しい人々がヤセた土地「どて」でかぼちゃを作って日に焼けて美味しくない=「出来ぞこない」という意味でつかわれていました。その証拠となるのが上の画像です。捨てたかぼちゃから芽が出て育っている所。もちろん、何もしてません。まさに土手でも育つ、管理しなくても採れるということです。

かぼちゃ栽培はタネから育てましょう。

種を買うメリットは

  • おいしい品種を選びやすい。
  • 植えるタイミングに良い状態で苗が作れる。
  • 失敗するリスクが少ない。かえって苗を買ってきた方が失敗する。

つまり、市販されている苗は一般的な品種が多く特徴のある品種は流通上数が少ないです。もしくは苗がありません。

小袋400円、8粒程度で十分!一株2個目標に計16玉っ!!

最高(^_-)-☆でしょ。食べきれません。

因みにおススメ品種は

タキイ種苗の「ロロン」 カネコ種苗の「九重栗」 トキタ種苗の「こふき」 サカタのタネ「雪化粧」

どれも、皮が固くて貯蔵性がある品種。また、ホクホク粉質の上を行く極粉質です。

ふかして食べるとまるで栗の様な味です。

かぼちゃ栽培方法

かぼちゃ苗づくりの手順

直接畑に種を植えるのはNGです。害虫や立ち枯れ病になる可能性があります。

・鉢は9㎝ポリ鉢「よく見かける黒いふにゃふにゃの」に培養土を7分目詰めて予めたっぷり水を与えます。

・25℃前後の地温があればほぼ100%発芽します。目安は西日本では5月上中旬。「今日は暖かいなあ。って感じる頃」

・土は八分目、指で種をつまんでブスっと真ん中2㎝の深さに突き刺して土に埋めたっぷり水をかけて日当たりのよい所に置きましょう。

また、かぼちゃの生育はめちゃくちゃ早いです。苗も同じ、種まきから発芽まで4日、それを大きな鉢に移植し、葉っぱが4枚開いたら、畑に植えるのが理想です。

では、市販の苗はどうでしょう。かごトレーの中にギュウギュウに苗並んでいませんか?苗の葉が上に伸びていませんか?茎がポキッと折れそうです。また、近年、苗の販売が早くなっているように感じます。早植えは避けましょう。

温暖化?。笑

かぼちゃ苗の植えつけ。苗の大きさのタイミングと根付け水が大事。

苗の大きさは、がっちりして間延びしていないもの。本葉3~4枚の頃、それ以上は大きすぎて根が付きにくいのです。しかもかぼちゃはすぐに大きくなる。つまり市販の苗ほど大苗です。だからタネなんです。

苗を植えたら、株周りにしっかり水を与えて、苗と土が密着するように、多すぎる位でも構いません。たっぷり与えてください。

  • かぼちゃの生育の最低温度は10℃以上必要です。1株当たり肥料を70g程度株の周りに打ち込んでおきます。「野菜の肥料なら何でもよい。しいて言えば油粕や鶏糞など有機肥料がBEST」

・風で茎が折れないためにもやや深植え「葉っぱが隠れそうなギリギリ」

・最後にかぼちゃ回り半径20㎝位までしっかりと水をあげましょう。鉢の根と畑の土が密着するためです。

ここまで来たらもう、上の画像「どてかぼちゃ」です。かぼちゃが採れたも同然です。(成功率80%)

イメージ画像はコチラ

こんな感じです。通路はかぼちゃのツルが這うように200cm以上です。それでも狭いかもしれません。

収穫の話

収穫時期はかぼちゃの花が咲いて受粉したら約60日で収穫になります。気になるのは病気「うどん粉」ですね。葉っぱが真っ白です。暑さと果実に栄養取られ株の体力ヘロヘロです。それはもう収穫してください。の合図。収穫の頃には葉が、少なくなっているし、夏の日差しが強い時期。

日焼けさせないようにしてください。日焼けしたものはしばらくすると日焼けした所から腐ります。貯蔵できません。葉が無くて、かぼちゃが未熟なものは新聞紙で包み日焼けしないように影を作ってあげるとよいでしょう。

収穫はヘタの部分がコルクかしているのを確認しながら収穫しましょう。

追熟(キュアリング)

ヘタの部分を残して、はさみで切ります。ポキッとヘタおらないでね。傷口から雑菌が入って腐っちゃいますよ。

ここからかぼちゃの(追熟)熟成を行います。キュアリングって言います。このことについては、野菜についての記事に書いておきます。

かぼちゃは収穫してからも熟成が続きます。夏場だと日陰で1週間陰干しします。その後冷暗所で貯蔵すると、なんと!!3か月は持ちます。

わたしのかぼちゃ(伯爵)はまだ、貯蔵中!

かぼちゃの芯止めして、さらにもうワンランク上のかぼちゃにする。

  • 芯を止めてさらに勢いをつけて収量をあげましょう。

かぼちゃを植えてから一週間程度すると茎が伸びてきます。そこをあえて止めます。するとまた、違う所から茎が伸びてくる。例外もあるからここ重要。(ズッキーニのようなツルが伸びないペポ種はしない。)

これは「親ずるの芯止め」って言います。これは一旦茎や葉の成長を止め強いストレスを与え、根や葉を育て強い株にします。また、違う所から出てきた4~5本のツルにかぼちゃをならせることで、形や大きさ、収穫時期を一斉に揃えます。

↑の画像はかぼちゃの芯止めしたもの。真ん中の芽を摘んであります。

受粉作業で確実に南瓜をならしさらに良い南瓜をつくりましょう。

これは農家の技術です。確実に実をならせるために株元に咲く雄花をツルに咲く雌花に、花粉づけします。かぼちゃなどウリ科は、他花受粉で虫(ミツバチ等)によって受粉します。日の出とともに開花受粉が始まるので早朝4時位から4時間程度、花粉付けします。また、受粉が終わり実が10㎝位の大きさになったら、その先5葉を残してツルを落とし、余分な養分が流れるのを防ぐ作業をします。

かぼちゃ栽培にあると便利な道具

かぼちゃの座布団

・かぼちゃの下の部分が土で汚れたり黄色くならないようにまんべんなく日光が当たるようにマットがあります。この黄色の部分が中の色の目安という方も

 

 

こんな感じです。

かぼちゃの専用へた切りばさみ

スプーンのような形のへた切りはさみです。ヘタをくりぬくように切ることでかぼちゃ同士で傷をつけないように切るはさみです。結構お高いです。