花壇苗の生産現場から、植えても大きくならない。育たない苗がある。その理由とは

花壇苗の生産現場から、植えても大きくならない。育たない苗がある。その理由とは

購入してきた花苗をプランターに植えたけど、一向に大きくならない。

っていうか、枯れかけてる?

こんな事ありませんか?確かに園芸ブームがあって、育て方もわからず取りあえず寄せ植えしてみました。すべて市販のもので揃えました。

れは、あなたの植え方、選び方がまずかった?そんな疑問にお答えします。

 

花苗の購入する時のポイントを紹介します。【作る・売る目線のぶっちゃけトーク】

花壇苗を「育てる」にはコツがあるのです。花苗がこれほど流通しているし、手軽なのでタネから育てる方はほとんどいないのではないでしょう。

花壇苗は園芸店やホームセンターで苗を購入する方が多いと思います。

花壇苗を植えたけど枯れないんだけど全然大きくならない。植えてすぐ枯れた。花が咲かないことがあります。園芸店で、プランターや苗・土や肥料などすべて揃えたになんで?

それは、育てた方の管理の仕方が良くなかった。だけでは無い可能性がある、育たない理由があるんです。

それでは花壇苗の生産現場を少しぶっちゃけたいと思います。

私は花壇苗を生産して、卸業者に販売した経緯もありました。その中で販売店が求める花壇苗と購入者が求める花壇苗には違いがある事です。この違いよって、「育たない苗」になっているのです。それは花壇苗と野菜苗を比較してみるとその違いがはっきりするのではないでしょうか?

↑野菜苗との違いを見ると分かり易いです。花壇苗とは何が違うでしょう。同じ苗でも全然違うと思いませんか?

花苗を扱う人が変われば、求める形が違います。

見た目が悪くても健康に育ったものが良いですか?それとも不健康だけど美人が良いですか?あなたはどっち?

男目線の変な例えで、すみません。

結論から言えば、

花壇苗を売る人、作る人は、苗が売れればそれでよいのです。つまり、花がきれいに咲いていれば、お客さんに手に取ってお金を支払ってもらえればそれで終わりです。大きくなろうが枯れようが接点がありませんのでほぼ関係ありません。

お客さんは花苗を育て長く楽しみたいと思っています。だから園芸店で、アドバイス受けたり、肥料を買ったりします。

農家や流通者は売れる迄の事しかしない。できるだけ園芸店同じ状態にとどまる事。つまり、生育がそれ以上大きくなっては困る。だって大きくなったら売れなくなってしまうし、日持ちしないものは扱いたくありません。

これはすべてではありません。私が10年位まえ、市場用として花苗を生産していた頃の考え方です。

もう少し、突っ込んでお話していきましょう。

花苗はかごトレーに色々な事情が詰まってます。

生産や販売の裏事情がカゴトレーの中にバラバラに詰まっているからなんです。ここを分かると苗の目利きになれるかもです。(^^♪

そうです。↑コチラです。市場に流通している苗は、仲介業者の納得のいく品質である事が要求されています。

私の経験からお話します。

マリーゴールドの苗を仲介業者に苗を販売しようと考えた場合。マリーゴールドの苗を6種類ります。販売はケースで販売しますので最低40本鉢苗が必要です。

縦5鉢×横8鉢=計40鉢

定番となる、イエロー・オレンジを中心に赤や斑入りの新しい品種を混ぜます。

1ケースの農家手取り価格はまちまちですが、1鉢あたり30~60円になります。小売り店に並ぶときは輸送費や手数料がかかるのでもう少し高くなると思います。1ケースは1600円~2400円位でしょうか。最近では、プラグで4個セットものもありますで規格によって価格差はあると思います。出荷は大量に数十ケース、数百出荷することも良くあって、仲介業者さんに現場迄取りに来ていただくこともあります。

その時に仲介業者さんは、苗を売るプロです。一瞬でこの商品がいくらで売れるか判断できます。ほんの1~数秒ですよ。もう少し見てほしい(>_<)

この時が一番農家としては緊張します。

花苗のプロが選ぶ判断基準とは、

その時期の市場の需要の価格帯、売れるときに欲しいのは当然ですが、あくまで品質は最高が最低ラインです。

・がっちりした、徒長していないもの。

・1輪、1蕾が最低あるもの。

・花葉の色が良いもの、配色のバランスが良い。

・すべての背丈が他の品種の色とそろっていること。

・母の日など需要期にそろうこと

・土が軽い事

・新品種が最低1つは入っているなど。(サルビア・マリーゴールドの定番はこれを除く)

このカゴトレーには9㎝ポリ鉢が縦に5列×横に8列です計40ポット入ります。できれば定番品種の中に新しい品種を1種類詰める。

裏技として丈の高い揃えてあると良いですが、若干大小あるものは中央を大きなものでカマボコ状に仕上げる。

大体これで1つの商品となります。サルビアは、赤い蕾が3㎝位迄のものですが、花よりも葉の色や姿の方が重要なものもあります。

かごに入った時の見た目です。これで価格が決まります。極端に言えば粗悪なものは値段が付きません。0円です。

出荷前に、乾燥しないようにたっぷりと水を苗に与え、出荷したことで、苗の重量が重たくなって、トレーがバキバキ割れて苗を落とすことがありました。(;’∀’)

農家が作る花苗の基準とは

花苗農家の経営

ビニールハウスの中で基本的には年に3回前後位作ります。早春出荷のパンジー等、5月のペチュニア・マリーゴールドの春、日日草、ケイトウ。8月には12月に販売する、葉ボタン、パンジーのタネを蒔きます。と1年中苗を作っています。

価格は安定ですが収益を上げるためには何回も沢山苗を作らないといけません。その為、栽培期間が長くなると管理する手間が多くなるので、早く出荷したいと考えます。

ポットや土やタネなど費用もありますのでできるだけ経費を無駄にしたくはないものです。そこに市場の需要と規格がありますのでそれに合わせた規格に作り上げます。

 

例えばマリーゴールド

売れ筋は、黄色とオレンジの2種類。学校や公共施設では定番です。農家としてはこのような定番の色は、地元で大量に消費しますので多く作ります。求められるものは、定番色と環境に強い。世話をしなくても育つ。これが売れます。

しかし、市場ではどうでしょう。花業者あくまで40入りセットのトレー販売ですから、5種類違う配色がいるので、なければ出荷できません。後3種類そろわないといけないのです。

ここで問題が一つあります。品種を沢山作れば作るほど、手間がかかるし、一斉に咲かせるのが難しくなります。

・そもそも同じ品種で色が違うだけであっても生育が同じとは限らないのです。そろわない、出荷できない。

その対策となる花苗の技術は何?

・種まき(移植)をずらす

・ピンチ(生長点を止め、一旦生育を止める)

・摘花(花を摘み取る)して次の花と蕾を残す、ワキ芽を取る

・ずらし順化(ポット同士の隙間を開ける)して株を整える

・ホルモン処理(生育が止まる)してこれ以上は伸びないようにする

このようにしてトレーに揃えるのですが、これは色々な実践によって得られる経験です。長年作られている方の方が圧倒的に有利で、初めての方ではまず、そろわないと思っていいでしょう。

上のような管理作業をことをすることによって、品種間の色を揃えます。何も問題ないように思えますよね。

でもこれは見た目上の生育が揃っているだけで苗としての同じ生育ではありません。

地面の中や植物の生育にはすでに大きなずれが生じていると理解してよいでしょう。これは早出しして市場に出回らない時期に販売した苗も一緒ですね。つまり、成長を止めたり、寒さに充てたり、温めたり、成長を止めたりしています。

それによって肥料切れや根腐れ、ホルモン処理によって植えてもしばらく大きくならないものがラバラに含まれているといっても良いでしょう。

それが園芸店では、沢山のトレーに花苗が並んでいますが、同じものは少ないでしょう。

苗の購入者はトレーの中から好きなものを選ぶのだから問題ない。って販売者は解釈するかもしれませんが、そんな苗では普通に植えただけでは育たないと思いますよ。育ってもばらつきます。

余談ですが最近では、自分で配合して培養土を作ることは少なくなってきています。これは市販の培養土の性質が均一であり、安定して良くなっている。また軽量で加え使いやすいことがあげられます。

消費者が求める基準とは

時代によって花苗は変わってきました

消費者が求めるものは、時代によって変化しています。1960年代の頃は東京オリンピックの頃、ポットマムやハイポネックスなどによってプランター栽培というものが一気に普及してきました。

それから1970年代、日本万博などのイベント用の花壇苗が使われるようになって、花壇苗の技術も一気に上昇していった時代です。それからハーブや洋らんが出始め、ホームセンターや園芸店で取り扱うようになり、私たちにとって身近な存在となりました。

このころになると、サントリーという大企業がサフィニアペチュニアというボリュウム出るペチュニアが発売されたこともこの時期です。サフィニアって確かナス科で繁殖力があるから挿し木で簡単に増やせるんですよね~。

1990年代には秋だしパンジーが有名ですね。この時期になるとプラグ苗で流通しだしました。農家さんは幼苗を購入して、ほぼ育苗管理だけの手間だけて苗の回転数を上げて生産するスタイルも登場し、分業化が始まったといえます。この頃が一番の園芸のピークだったと思います。

2000年以降は、花と緑の博覧会等や園芸ブームなどがありますが、今まで9㎝のポリ鉢による販売が4株ミニポットのセット販売や通信販売による希少品種が多数存在する時代だと感じます。ただ、やっぱり時代が変わっても4~6月の春の花壇苗はとても人気なのは変わらないようです

売れる定番、花壇苗は品種はそんなに大きく変わっていない。

現在流通している苗ものの種類は100種類以上になりますが、市場ベスト10に入る品種は苗ものの生産量の60%以上を占めています。ベスト20位までになると75%とか。希少価値を狙った特殊な苗ものもありますが、安定して売れません。「多様化の時代」ですが惑わされないようにしましょう。やっぱり定番が売れています。

 

平成6年の(大阪植物取引所)のデータで今から25年以上前です。花壇苗の取り扱いトップ10(金額ベース)

順位 種目 数量
1位 パンジー 4797107
2位 Bセンパ 1716806
3位 ペチュニア 1590154
4位 葉ボタン 811065
5位 プリムラ類 660666
6位 ビンカ(日日草) 1083292
7位 菊苗 667490
8位 インパチェンス 792028
9位 ナデシコ(撫子) 853878
10位 サルビア 688816

以下マリーゴールド・ゼラニューム等が続きます。順位が前後していますが金額ベースでした。どうでしょう。皆さん今並んでいるものが現在でも多くありませんか?これらは何かしら理由があって大きな需要を生み出しているようになっています。

これから見ると、最大の需要期は春の4月~5月・学校や公共機関・地域自治会の活動・冬から春にかけたての草花だといえますね。

まとめ

花苗市場は、花を楽しむという事、きれいに規格に当てはめた商品になっています。

しかし、同じ品種であっても老化苗や根腐れを起こしている肥料が切れている苗が存在します。けれど長く同じ状態を維持したい。大きくなっては困る。花壇苗は花1輪と蕾1つで完成です。

では野菜苗はどうでしょう。野菜苗にはこのような規格は存在しない。野菜苗は果実を取ることが目的ですので、園芸店やホームセンターで並んだ時に花の色や見た目は関係ありません。畑に植えつけたらちゃんと根が付くかどうかです。健康な苗です。

花壇苗は根がついて大きくなることが販売者にとって重要ではありません。極端かもしれませんが、

見た目が悪くても健康に育ったものが良いですか?それとも不健康だけど美人が良いですか?あなたはどっち?

 

私の家の庭、ようやく家の庭先がにぎやかになってきました。

コチラは庭先のボケとシャクナゲです。3日前までは蕾でまだ寒いのでまだ先のことと思っていましたが早いものです。

草木が一番春の訪れを知っているんですよね。私はまだストーブが離せません。草木の目覚めは、あっという間に大きく膨らみ、開花しだしまします。

雑草も( ノД`)シクシク…大変だな草むしり。私は、この開花する間際が一番きれいだと思いますね。(^^♪黄色の水仙も

園芸店は草花でとても賑やかになりとても、買わなくてもとっても癒されますよね。

また、新しい品種が続々と登場し、買う側にとっては一つぐらいはチャレンジしたくなるものです。春の訪れをめ~いっぱい感じましょう。

 

最後までお付き合い、ありがとうございました。