野菜の栽培方法

1/7ページ

ほうれん草の育て方 失敗の原因は土づくり⁈【石灰のやり方】

ほうれん草の良しあしは土づくり。 ほうれん草を育てるのキホン 〇有機無農薬栽培ができます。病害虫に強く、有機質肥料との相性が良いです。 〇ほうれん草は種まきから収穫まで、適温で40日間(冬季は約60日)、0℃の低温にも耐えます。 〇発芽温度は20℃付近が最も良い。 発芽までの日数は7日程度と若干遅めです。温度が高いと極端に発芽が悪くなり、まばらに生えてきます。 〇ほうれん草の大敵は酸性土壌です。 […]

ほうれん草の種まきは、品種を選びと発芽を揃える「ほうれん草の育て方」

「ほうれん草蒔いたのに生えてこない(*_*)」 「ほうれん草が大きくならずに茎がどんどん伸びてきた。」 葉物野菜と言えば、ほうれん草・小松菜・チンゲン菜・菊菜・水菜このような野菜です。 「小松菜やチンゲン菜は、良く生えるけど、「ほうれん草」って栽培がちょっと難しいよ~」 そんなほうれん草、日本では圧倒的に多く消費されている葉物野菜です。 失敗の原因。ほうれん草の発芽の方法 ◎ほうれん草の夏まきは最 […]

白菜(ハクサイ)の育て方。結球するのに植え時が大事【水と肥料を切らさない】

白菜の特性 白菜は漬物、鍋、煮もの、炒め物、サラダ、和風、中華はもちろんいろいろな形で食べられています。食材として特別の自己主張がないので、どんな料理にもよく合いますね。 白菜の含有成分として、繊維質、植物性タンパク質、ビタミンC、ビタミンB、カルシュウム、鉄、カリウム、ナイアシン等。 飽食のこの時代には大切な健康野菜と言えるのではないでしょうか。 白菜の特徴 原産地は地中海沿岸で、トルコ、イラン […]

ピーマンの育て方。収穫を増やすには剪定だけ【野菜には着果周期があります】

ピーマンの育て方【野菜には着果周期は大事な】 ピーマンの栽培では「着果周期」って言葉はあまり知られていませんが、農家はこれを意識して栽培しています。 ナスも同じように「着果周期」があります。それをできるだけ少なくするために切り戻し剪定をして、数と生育を調整しているのですね。 よく、果樹やタケノコとかに「表年と裏年」聞いたこと有りませんか。今年は表年だから沢山タケノコ採れた(^_-)-☆ これも着果 […]

かぼちゃの育て方 【収穫のタイミングと貯蔵の方法】

かぼちゃを収穫するタイミングって難しいですよね。長く置きすぎると日焼けして、いつの間にか腐っている。貯蔵が利くって言ってたのに。 嬉しくて新鮮なうちに、早く収穫して食べたくなる気持ちはわかります。ですが食べるまでにはまだ先です。 まだ、作業が残っています。それは「磨き」と「キュアリング」です。 かぼちゃの収穫するタイミング カボチャの収穫期は一般的に開花後から40~55日です。北陸では7月から8月 […]

玉ねぎを春に育てて7月に収穫する最速の栽培と貯蔵の方法【たまねぎ栽培】

私の郷里は、北陸地域にある福井県。中でも湿った重たい雪が降る豪雪地域です。例年、積雪は2m以上になります。最近は暖冬の影響もあり雪が少なく、屋根の雪下ろしはしなくて大丈夫で喜んでいました。けれど中には「雪が降らない年は、災害や天候があれるから、やっぱり少しは雪が積もってほしい。」「春先の雪解け水が無いから田んぼが心配や」など意見の方が多いと思います。そんな雪国の玉ねぎ事情。 「玉ねぎは家で年中使う […]

収穫祭やイベントに最適。スイートコーン・トマト・キュウリの品種はコレがおススメ。

(´;ω;`)ウゥゥ今年の長雨の影響でお客さんは少ないと予想。手袋・マスクを用意しての収穫祭の開催となりました。 「なんだ、なんだ。さわがしいなあ」カエルのそんな声が(+_+)。 収穫祭・イベントの概要 この収穫祭は、農場を開放して、自由に散策して頂き、収穫を楽しんで頂くという企画です。当然収穫したものは最後に清算して頂くのですが、大きい・小さい・若いなど農産物によっては価格も違いますね。 「でも […]

ナス(茄子)の生育を調べて、栽培に活かす方法【花のしくみと受粉】

野菜の構造をがわかるととっても楽しいです。生育の変化が現れる前に、植物の気持ちを汲み取って、天候を予測して、農作業する。 「野菜作りは普通に楽しいよ」 そうですね。もっと知ればもっともっと楽しくなるはず。 植物も自然の摂理に合わせ考えて育つ、その姿がいとおしいし生きているんだなぁって感じます。子供たちが畑で収穫したトマトやキュウリを美味しいと言ってきれいに全部食べている姿を見ると、野菜の育つ様子を […]

1 7