野菜の栽培方法

1/7ページ

キュウリの育て方【最も素直でデリケートな野菜、こまめな管理をしましょう】

キュウリの特徴は、生育適温は18~25℃、30℃以上の高温が続くと落果や奇形果が多くなるので、日中の温度があまり高くならない所が高品質、多収獲が期待できます。 キュウリは、土質は特に選びません。浅く広く根を張りますが、土が深く排水のよい所であれば大丈夫。 大体こんな感じで作り易いよって、チラシを見ると書いてあります間違いではありません。上の文章を見ると簡単に作れそうに思いますが意外と面倒。 この記 […]

ジャガイモ(男爵)の育て方【サイズを揃え、収穫を2倍にする方法】

ジャガイモ作りは、「植えつけ八分作」と言われています。 ジャガイモの収穫するなら沢取れた方が良いに決まっています。 しかし、シャガイモの種イモを植えれば、「誰でもそこそこ収穫できますが、実は半分も取れていないかもしれません。」 この記事では、ジャガイモのサイズコントロールについてお話します。ジャガイモは育て方だけでは、大きさを揃えることはほとんどできない。 以前からジャガイモの大きさを揃える(整粒 […]

レタスの栽培方法【あっさり食べたいレタスを6~7月に収穫する】

レタスやサニーレタスはチシャ菜の仲間で、キク科。この仲間は虫にかじられにくいので無農薬ができます。 また、秋まきが最も作りやすいが、生で食べることが多いレタスは秋の需要が少ないですね。 やはり6~7月にあっさりしたレタスを食べたくなるものです。 ここでは玉レタス・葉レタスの生育的特徴と育て方について解説します。 レタスは暑さを嫌い、抽苔(トウ立ち)がある為、香川県・長野県の比較的標高の高い地域でレ […]

オクラの育て方【オクラの苗より畑にタネ蒔きしたほうが簡単】

私はオクラの苗を作って販売していますが、オクラ苗は作りたくないのが本音です。 「オクラのタネが生えない」そこで苗を買うお客様がいらっしゃるので作っています。 けど、作りたくない。その理由は、苗を植えても育たない事が多く、「結局枯れた」ってクレームになり易いからです。 その理由とは、 オクラの苗より畑にタネ蒔きしたほうが簡単で生育が良い オクラ原産国と特徴 〇エチオピア原産のアオイ科の植物です。高温 […]

切り干し大根の作り方【大根の風味良い、太めに切る】 

切り干し大根の作り方 切り干し大根は冬の保存食として重宝され、田舎では、切干し大根を軒先に乾燥させている風景が懐かしいです。 私の父は、昔は家には囲炉裏があってそこで暖を取りながら大根を干していたそうです。囲炉裏のけむりでいぶすので風味が豊かになり雑菌も入りません。 切り干し大根が、いぶされて燻製のようになり、苦みの効いた大人の味が、日本酒と良く合うから好きと言います。 おいしい切り干し大根とは […]

白菜の育て方【栽培のまとめを画像で解説】

クセのない淡白な味、その八方美人な味がどんな調理法にマッチし、家庭菜園にもおすすめの野菜です。 この記事は冬の鍋の定番野菜、白菜の育て方についてご紹介します。手順を順に掲載しています。白菜を育てる上での基本として見ていただけたら幸いです。基本情報なので、これが解かれば白菜が作れたも同じです。 白菜の特徴 名称:白菜(アブラナ科アブラナ属) 原産地:中国、日本へは明治以降に入ってきました。当時、愛知 […]

ほうれん草の育て方【種の選び方から肥料・栄養分析まで】まとめ

ほうれん草の育て方・土つくり・栄養価など今までの記事をまとめています。 ココでは各記事ごとに簡単に説明し、網羅した内容となりますので、お好きな場所をご連頂けると幸いです。 ほうれん草の育て方 失敗の原因は土づくり⁈【石灰のやり方】 記事の内容 この記事では、ほうれん草の基本的な育て方・石灰のやり方・シーダーテープの使い方を図を用いながら、解り易く解説しています。 ほうれん草栽培をするときに注意が必 […]

大根の育て方【秋冬大根のつんぼりと大根の保存方法】

福井県池田町は、福井県の山間部標高220mの中腹に位置し、豪雪地帯に指定されています。 近年の温暖化で降雪は少なくなってきているものの2m近く雪が降ることがあります。 2018のピーク時は。 こんな状況に、、、、、、一応これで除雪してます。 冬は雪で覆われるため畑で野菜を作ることができません。勿論収穫することも。 その為、夏に取れた野菜を塩漬けして取っておいたり、秋に取れた野菜を冬の間、家の周りの […]

かぼちゃの育て方・貯蔵【記事のまとめ】

初心者は、かぼちゃ栽培を始めましょう。【画像で見る南瓜の育て方】 初心者向けの記事 野菜栽培を初めてしようと思った時、まずは簡単なものから始めたら如何でしょう。 確かに自分で食べたい野菜が他にもあるかもしれません。ただ、野菜がちゃんと取れなければ楽しくありません。 そんな中、かぼちゃ栽培をまずおススメします。その理由は かぼちゃは圧倒的に、作り易い野菜です。病気や害虫の心配も他の野菜より少ないです […]

1 7