たのしく菜園 おいしい野菜

ちいさな菜園にはいろんな発見がいっぱいです。 種まきから食卓まで、家族のこと収穫した野菜のことを話しながら食卓を囲めることは幸せです。

玉ねぎを春に育てて7月に収穫する最速の栽培方法と貯蔵方法【家庭菜園 たまねぎ栽培】

私の郷里は、北陸地域にある福井県。中でも湿った重たい雪が降る豪雪地域です。例年、積雪は2m以上になります。最近は暖冬の影響もあり雪が少なく、屋根の雪下ろしはしなくて大丈夫で喜んでいました。けれど中には「雪が降らない年は、災害や天候があれるから、やっぱり少しは雪が積もってほしい。」「春先の雪解け水が無いから田んぼが心配や」など意見の方が多いと思います。そんな雪国の玉ねぎ事情。 「玉ねぎは家で年中使う […]

おいしい夏野菜の見分け方②「トマト・キュウリ」

おいしい夏野菜の見分け方とは 野菜を見ただけで、その野菜がどのように育ち、収穫され、おいしいか美味しくないか見分ける人が存在します。それはその野菜を作っている農家・料理人・バイヤーの方々。 健康な野菜を見分けることができる、それが賢い消費だと思いますし、農家にとっては農業をやっててよかったと思えます。①に引き続き、その見分け方②をご紹介します。因みに特殊な栽培方法や品種など、多様な調理に合わせた適 […]

おいしい夏野菜の見分け方①「ナス・スイートコーン」

おいしい野菜は、健康な野菜です。どのように育ったのかを野菜の形で見分けることができます。 スーパーで野菜を買う場合、どれも同じと思っていないでしょうか。確かに大抵同じであることが多いのです。しかし、時期によって同じ野菜の産地が変わります。つまり作っている農家も変わり、育て方が変わると美味しい野菜・そうでない野菜が存在します。その「かたち」が重要です。 あなたは野菜はどれも同じと思っていないでしょう […]

収穫祭に最適なスイートコーン・トマト・キュウリの品種はコレがおススメ。【スイートコーンの食べ頃】

(´;ω;`)ウゥゥ今年の長雨の影響でお客さんは少ないと予想。手袋・マスクを用意しての収穫祭の開催となりました。 「なんだ、なんだ。さわがしいなあ」カエルのそんな声が(+_+)。 この収穫祭は、農場を開放して、自由に散策して頂き、収穫を楽しんで頂くという企画です。当然収穫したものは最後に清算して頂くのですが、大きい・小さい・若いなど農産物によっては価格も違いますね。 「でも、そんなの関係ね~~(笑 […]

ナスの栽培はココを見る。【着果のしくみと生育診断】

野菜の構造をがわかるととっても楽しいです。 「野菜作りは普通に楽しいよ」 って方はまだまだ初心者ですよ。 ほんと植物なりに考えて育つ、その姿がいとおしいし生きているんだなぁって感じます。子供たちが畑で収穫したトマトを美味しいと言ってきれいに全部食べている姿を見ると、野菜の育つ様子を含めて食事なんだって感じました。 ナスを栽培する時はココを見るとよい。 ナスの受粉ってどのような仕組みか知っていますか […]

トマトを育てるのがもっと楽しくなる方法【摘果と日射】

トマトがだんだん大きくなって収穫も近づいてとても待ち遠しいですね。トマトが完熟を食べれるのは栽培した人の特権です。!(^^)!収穫するトマトがもっと楽しくなる方法を今回はご紹介します。トマトはうまく管理すると1年中栽培することができますし、作り方次第ではとっても甘くてきれいなトマトを作る事ができるのです。 しかしトマトに適した環境を1年中維持することは、環境を制御できる施設が無い限り難しいので、一 […]

液肥の使い方と薄め方を解説します【家庭菜園】

液肥の使い方 液肥はどのような時使うのが良いのでしょう。また液肥はどの種類でも同じだと思っていませんか。液肥を使う場合には生育があまりよくない状況になっている時が多いのではないでしょうか。なんとなく植物が元気がないから液肥をやって元気になるといいなあ( ゚Д゚) そんな感じの理由が多いのではないかなぁ。液肥をもっと上手に定期的に使ってみましょう。 液肥を使う理由 植物に素早く栄養を与えることが目的 […]

野菜の肥料は何を選べば効果があるのでしょう。【3要素と微量要素】

野菜の肥料は何を選べば効果があるのでしょう。 肥料は沢山の種類があってどれが良いのか分からなくなりますよね。農家さんも人それぞれ、色々な栽培、経営方法、がありますその中で自分の農業スタイルに見合った肥料を選択して農産物を栽培しています。そこで基本的な肥料の役割と肥料の種類について説明します。 肥料の役割 肥料とは植物の栄養の基になる資材ですが、目に入ってくる数字の意味。右から窒素・リン酸・カリウム […]

1 11